返済金額はなるべく余裕を持っておきたい

毎月の返済はオリックス銀行カードローンでは30万円以下の借り入れで7,000円、30万円超から50万円以下の借り入れで10,000円と少額に抑えられていますが、約定返済金額がギリギリ入金ができる範囲で借りるのではなく、余裕を持った返済が行える範囲内で借りるようにした方が良いです。

 

例えば毎月の返済が何とか10,000円まで行えるのであれば、30万円超50万円以下の借り入れとするのではなく、一段階下となる30万円以下の借り入れに留めておくといった借り方です。10,000円まで返済が行えるのであれば50万円以下まで借りても良いと考えてしまいがちですが、計画的で無理のないカードローン利用のためには返済金額には余裕を持っておきたいのです。

 

ギリギリの返済はリスクがある

毎月の返済金額をギリギリにしてしまうと、何らかの出費が重なった際に返済金が不足してしまう可能性があります。上記の例であれば毎月10,000円の返済なら何とか行える状態で50万円以下の借り入れとなると、出費が重なって返済に8,000円しか回せなくなった際に入金額が不足してしまいます。

 

30万円以下の借り入れに留めておけば予定外の出費があっても最低限の約定返済金額の入金は行えるので、毎月の返済に関しては余裕を持って無理のない範囲で行えるようにしておきたいのです。

 

理想としては倍額ぐらいの入金が行えるのが良く、例えば毎月に20,000円までの返済が可能であれば、50万円超100万円以下の約定返済金額が20,000円となる借り入れを行うのではなく、毎月の返済が10,000円となる30万円超50万円以下までの借り入れに留めるなどです。余裕のある返済には何ら損をする部分は無いため、計画的なカードローン利用のためにも毎月の返済に回せる金額と約定返済金額はしっかりと確認をしておきましょう。

 

j早い完済で利息負担を軽くできる

カードローンの利息は金利と借りている金額と期間によって決まるため、多くの借り入れ残高が残っている状態では利息負担も大きくなります。利息は返済時の負担にしかならないため、カードローンの返済を効率的に進めようとするなら利息を減らせるような返済の仕方を行う必要があります。

 

利息を減らすためには金利を下げる、借り入れ金額を少なくする、期間を短くするといった方法がありますが、金利を下げるのは契約内容の変更が必要となるために現実的ではありません。また、借り入れの期間を短くするのも毎月の給料などのサイクルで返済を進める場合がほとんどのため、同じく難しいです。

 

比べて借り入れの残高を少なくするのは、他の方法と比べると実現しやすいです。返済を進めて借り入れ残高を減らしていくことで利息負担も軽くなっていくので、余裕のある返済で積極的に借り入れ残高を減らすことにより、毎月の利息も最終的な利息も軽くなるのです。

 

約定返済金額以上に入金を進める

返済を効率的に進めるのであれば、毎月の返済は約定返済金額以上に入金をすると良いです。最低額となる約定返済金額だけの入金では完済までに長い期間を要してしまうので、最終的な利息負担も大きくなります。しかし、多めの入金による返済を進めると、その分が借り入れ残高への返済に充てられるために完済が早まります。

 

残高が減れば利息の負担も軽くなるので、同じ入金額でも借り入れ残高に当たる金額が増え、さらに返済が進めやすくなります。約定返済金額が7,000円の借り入れで毎月の返済を10,000円ずつ行ったとすれば、毎月3,000円ずつ多くの返済が行えるようになり、最終的な利息総額も大幅に削減できます。

 

カードローンの返済は利息を払い続けても何の意味も無く、利用者にとっては無駄な出費となるだけなので、返済金額には余裕を持って効率的な返済が進められるようにしておくと良いでしょう。