在籍確認の電話連絡は個人名で行われる

カードローン契約前の審査の時点で行われる在籍確認は、基本的に勤務先に直接電話連絡をして本人の確認を取るものとなります。申し込み時に申告された勤務先に本当に勤めているか、在籍をしているかの確認となるため、カードローン契約においては欠かせない手続きとなっています。

 

一部の借り入れ先では在籍確認を電話ではなく書類等でも可能としているところがありますが、オリックス銀行カードローンにおいては在籍確認は電話となります。担当者が直接電話をかけるため、在籍確認の連絡でカードローン契約がばれてしまうのではないかと不安に感じる方も少なくありません。

 

しかしその点に関しては心配をする必要は無いと言えます。オリックス銀行カードローンでの在籍確認は担当者が個人名で電話連絡を行い、申し込み者本人に電話がつながれない限りは銀行名もカードローンの在籍確認であるといった内容も伝えません。第三者が電話に出た時点ではただの個人からの電話連絡となるので、カードローンの在籍確認電話であることはもちろん、オリックス銀行からでの電話であることも分からないようにしてくれているのです。

 

利用者のプライバシー配慮

オリックス銀行カードローンでは利用者のプライバシーに配慮をしているので、多くの方が不安に感じる在籍確認においても周りの方には知られないように、銀行名やカードローンの連絡であるといったことは伝えません。本人に電話がつながれた時点でオリックス銀行であること、カードローン審査の在籍確認であることが伝えられるので、周りの方には何の、どこからの電話であるかは分からないようになっています。

 

また、席を外しているなどで電話が繋げない場合であってもオリックス銀行カードローンの在籍確認は完了する場合が多いです。いるかいないかが答えられないといった電話口の対応では難しいですが、例えば外出をしている、休みであるといった本人は間違いなく在籍をしているといったことが分かれば在籍確認は完了します。

 

何も電話をつないでもらってその場であれこれと対応をしなければならないわけではないので、オリックス銀行カードローンの在籍確認に関してはそこまで不安に感じることもありません。

 

在籍確認の具体的な流れ

在籍確認の電話は上にも挙げたように担当者の個人名での連絡となり、「○○と申しますが、△△さんはいらっしゃいますか?」程度の簡単な電話となります。そのまま電話を繋いでもらうとはじめてオリックス銀行であること、カードローン審査の在籍確認であることが伝えられ、その時点で確認が取れるために在籍確認の手続きは完了となります。

 

電話口であれこれと話をする必要もなく、申し込み内容の確認等もその場では行われません。何らかの連絡事項があれば在籍確認時に伝えられる可能性がありますが、あくまで伝えられるだけなので電話で聞いている分には周りの方にはカードローンの手続きであるとは分かりません。

 

たったこれだけで終わるのが在籍確認であり、周りの方にもばれにくくしてくれるので安心ができます。もし周りの方が何の電話か聞いてきたとしても、カードの確認の電話と話しておけば問題ありません。クレジットカードを作る際にも、キャッシング枠を付ける際には確認の電話が入る場合があるため、何も怪しまれることはないのです。